キチジョウソウ 里山の秋の開花植物

 

シラカシ斜面林 縁の群生 05年11月18日 
 

花序の一部と花 05年11月12日 
 
 科 属 名
ユリ科キチジョウソウ属
 学    名
Reinecken carnea (Andr.) Kunth
日本と世界の分布
関東〜九州、中国
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
スギ・シラカシなど屋敷林の周りなど
   開  花  期
9〜10月
 身近な類似種
ヤブラン
 メ      モ
林内や林縁などの木蔭に生える多年草。 この辺りではシラカシの斜面林の道ばたに自生していますが、栽植されていたものが逸出したものと思われます。
地下茎がよく発達し、所々の節から葉と花茎を出します 。上段画像のように葉は根生・束生し、線形で長さ10〜30cm、両面無毛 、3〜5脈があります。花茎は葉がなく、高さ8〜13cm、直立します。
穂状花序は2段目画像のうに長さ5〜7cm、淡紅紫色の花をつけます。画像のように花被はやや肉質で長さ1cm内外、中部まで筒状に合着し、上半部は狭長だ円形の6裂片になり反り返ります。雄ずいは6個で花被片より少し短く、は長だ円形で長さ2mmで、外に突き出し目立ちます。晩秋に紅紫色の球形液果を結び翌年まで残ります。
名前は漢名の吉祥草で、本種は常には花がなく、栽植している家に吉事があると、花が咲くという伝説によるそうです。 今はあまり人気がありませんが、江戸時代に観賞用として流行したことがあったそうです。

back

next

list

home

flora