アキノキリンソウ 里山の秋の開花植物

 

雑木林の 縁の個体 00年10月4日 
 

頭花 05年10月3日 
 
 科 属 名
キク科アキノキリンソウ属
 別     名
アワダチソウ
 学    名
Solidago virgaurea L.ssp.asiatica Kitam.
日本と世界の分布
北海道〜九州、朝鮮
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
草原・雑木林とその周り
   開  花  期
9〜10月
 身近な類似種
セイタカアワダチソウ
 メ      モ
草原や雑木林などに生える多年草。 この辺りでは、生育場所が落葉掻きが行われている雑木林に限られているため、かつてのように身近な里山植物ではなくなり、減少傾向にあります。帰化植物のセイタカアワダチソウと同属です。
は細くて強く、下部はふつう黒紫色、高さ30〜80cm。下部から中部の葉には有翼の柄があります。茎の上部で枝分かれし、先に黄色い頭花をつけます。上の画像は草高66cm、花序はふつうより短く3cm、頭花は径11mm。
名前の秋の麒麟草(キリンソウ)は花の印象をベンケイソウ科のキリンソウにたとえたもの。また、別名のアワダチソウは花穂を酒の醗酵した時の泡に見立てたものです。

back

next

list

home

flora