シソクサ 水辺の秋の開花植物

 

休耕田 の群生 04年9月11日 
 
と花 06年9月2日 
 
 科 属 名
ゴマノハグサ科シソクサ属
 学    名
Limnophila aromatica (Lam.) Merr.
日本と世界の分布
関東〜琉球、朝鮮南部・中国・東南アジア・オーストラリア
 生 育 型
1年草
 生 育 場 所
休耕田・湿地・放棄田など
   開  花  期
9〜10月
 身近な類似種
キクモ
 メ      モ
湿地や休耕田に生える1年草。 この辺りでは耕作放棄田に生えていたものが、遷移の進行にともない消失しています。現在は休耕田の所々にわずかに見られる程度で、減少傾向にあります。
全草にシソの香りがあります。は軟らかく下部は少し横にはい、高さ10〜30cm。 は長さ1.5〜3cm、軟らかく、すかしてみると、多くの透明な油点が見えます。ここからシソの香りを出します。上 段画像の左の茎には葉が2枚対生しており、中央の茎には葉が3枚輪生しています。多くは前者のように2枚です。
は下段画像のように茎上部の葉腋に長さ7〜15mmの花柄を伸ばし、1花 咲かせます。がくの基部に小形の小苞があります。がくは長さ5〜7mm、画像のように5つに中裂し、裂片は披針形です。花冠は白色筒形で長さ1cm内外、先は唇形となり、上唇は大きくて裂けず、下唇は3裂します。雄ずいは4本で2本は短い。
牛久市版レッドデータブック植物編」では「絶滅危惧II類」に位置づけられています。 名前はシソの香りがあることによります。

back

next

list

home

flora