ハバヤマボクチ  里山の晩秋 の開花植物

 

雑木林で2本の茎を伸ばす開花前の株 09年10月3日
 
雑木林 の株 98年10月10日 
 
葉の形と裏側白い綿毛 09年10月3日
 
頭花のつぼみ 05年10月3 
 
開花中の頭花 03年10月17日
 
正面から見た頭花 13年10月30日
 
 科 属 名
キク科ヤマボクチ属
 学    名
Synurus excelsus (Makino) Kitam.
日本と世界の分布
福島県〜九州
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林
   開  花  期
10月
 身近な類似種
オヤマボクチ(観察サイトでは未確認)
 メ      モ
林や草地などに生える上段画像のような大型で剛壮な多年草 です。高さが1〜2mに達します。
茎には稜があり紫色をおび、上方で短く枝分かれします。全体に白色の綿毛があります。下方の葉は長柄があり、葉身は10〜20cm、3段目の画像のように3角状ほこ形で 、裏側に白い綿毛が密生しています。類似種のオヤマボクチの葉は卵状長楕円形〜卵形で基部が心形 で、下部両端の耳がありません。
頭花は2段目の画像のように枝先につき、総苞は4〜6段目画像のように球形で、横にくも毛があり大きく、長さ約3cm幅3〜5cmです。総苞片は画像のように幾重にも並び、なかほどで幅2〜3mm、外片はしだいに短くなります。花冠は画像のように黒紫色で開花期は遅く、この辺りでは例年10月中頃から咲き始めます。
和名は葉場(草刈場の意味)に生えるヤマボクチの意です。この辺りでは自生地が限られている希少植物です。「牛久市版レッドデータブック植物編」では「絶滅危惧IB類」に位置づけられています。

 

茨城県レッドデータブック<植物編>平成25年3月改訂                     

 

     「絶滅危惧U類」

 

 

back

next

list

home

flora