ナギナタコウジュ  里山の晩秋 の開花植物

 

林縁の道ばた 99年10月19日 
筑波山 05年10月16日 
岩手県02年9月14日
 
以前の自生地 10年10月1日
 
 科 属 名
シソ科ナギナタコウジュ属
 学    名
Elsholtzia ciliata (Thunb.) Hylander
日本と世界の分布
北海道〜九州、アジアの温帯
   生 育 型
1年草
 生 育 場 所
林縁や川沿いの道ばた
 開 花 期
10〜11月
 メ    モ
山地や道ばたに生える1年草。茎は4角で高さ30〜60cm、よく枝分かれし葉とともに軟毛があります。葉はうすく広卵形〜狭卵形で、0.5〜2cmの柄がり、葉身は長さ3〜9cm、幅1〜5cm。全体に香気があります。花は上左の画像のように一方に偏りなぎなた状に曲がった花穂に密につきます。各々の花に偏円形の苞が密についています。がくは5裂し毛があり裂片はとがり、花冠は淡紅紫色で長さ約5mm、有毛。和名は薙刀香薷(ナギナタコウジュ)、花穂がなぎなた状に反って一方に傾いて花をつけ香ることに由来します。種子は休眠期間が短く、発芽に光が有効です。
この近くでは上の右下の画像のように筑波山の林道の縁などに自生していますが、人里では余り見かけない植物です。20数年振りに人里でこの植物の独特の香気に接し、十勝平野で耕地雑草になっている様相を懐かしく思い浮かべました。ナギナタコウジュはタニソバと並んで、北日本では耕地雑草です 。上の右上の画像は、岩手県軽米町所在の県北農業研究所の試験畑に雑草として生えていたもの 。今年は左の画像を写した場所には未確認です。「牛久市版レッドデータブック植物編」では「準絶滅危惧」に位置づけられています。 なお県内では北部や山地の草地や道端に普通に生えています。

back

next

list

home

flora