里山の晩秋の開花植物

(2016年10月20日更新)

落葉樹林(雑木林)の林床とその周辺
   

キクタニギク

ナギナタコウジュ

ハバヤマボクチ

 

16年10月20日に下の 雑木林の画像を更新しました。

 

雑木林 16年10月18日
 
上の左の画像は落葉掻きが行われている09年10月3日の雑木林の林床で、クヌギにコナラなどが混じっています。 ここにはアキノキリンソウアキノタムラソウシラヤマギクノハラアザミヒヨドリバナヤマハッカが夏から咲き続けています。イネ科のアブラススキチヂミザサネズミガヤノガリヤスハネガヤが穂に実をつけています。 右の画像はこの辺りでは珍しい赤松林で、冬季の落葉掻きがなされており、林床の植物相はススキトダシバの他は雑木林の林床と似ています。 ここも昨年に引き続き枯死するマツが目立ち、枯死跡にセイタカアワダチソウが侵入しています。
10月になってから花が咲く植物は上のサムネイルにみるような2・3種類に過ぎません。そして夏から開花していた多くの植物は花を終え、実を結び冬に備えます。賑やかだった雑木林の林床は急に寂しくなります。上のサムネイルの植物のうち、キクタニギクナギナタコウジュは林床よりも林縁や草地に自生する植物で、この辺りではハバヤマボクチとともに絶滅が心配されています。植物名をクリックするとページがでます。

back   home