キクタニギク  里山の晩秋の開花植物

 

斜面林下部の株 15年11月6日 
 
土手林縁の株 00年11月11日
 
頭花 同上
 
 科 属 名
キク科キク属
 別    名
アワコガネギク・アブラギク
 学    名
Dendranthema boreale (Makino) Kitam.
日本と世界の分布
岩手県以南の東北・関東・近畿・九州北部、朝鮮・中国(北部・東北)
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
林縁・土手など
   開  花  期
10〜11月
 身近な類似種
リュウノウギク(観察サイトでは未確認)
 メ      モ
やや乾いた林縁・崖・土手などに生える多年草。茎は上部で枝分かれし、高さ0.6〜1.5m。葉身は長さ5〜7cm、幅4〜6cmで羽状に深く裂 け、裂片の先はとがります。頭花径1.5cm位、10月になって画像のように枝先に多数つけます。総苞は長さ4mm、総苞片は3〜4列で覆瓦状、外片は線形〜狭長だ円形。そう果は長さ長さ1mmほどです。
 時に栽培され、品種改良の親にも使われています。和名は自生地の京都府東山の菊谷に由来し、別名アワコガネギクは密集する泡のような小黄花という 意味です。
この辺りでは自生場所やその株数が年々減っています。2000年11月、この写真を撮った株はセイタカアワダチソウに圧倒され、2003年以降姿を消してしまいました。 「牛久市版レッドデータブック植物編」では「絶滅危惧IB類」に位置づけられています。

 

茨城県レッドデータブック<植物編>平成25年3月改訂                     

 

     「準絶滅危惧」

 

 

back

next

list

home

flora