コウゾリナ 陽地の春〜秋の開花植物

 

草地の個体 00年5月3日
 
帯化茎 15年4月28日
 
頭花 07年5月8日
 
頭花 11年5月31日
同左縦断面 同左
そう果と冠毛
左側目盛の単位:05mm
 
 科 属 名
キク科コウゾリナ属
 学    名
Picris hieracioides L.ssp.japonica (Thunb,) Krylov
日本と世界の分布
北海道〜九州、樺太
   生 育 型
越年草
 生 育 場 所
荒地・空地・道ばた・田畑の周辺・休耕田など 
   開  花  期
5〜10月
 メ      モ
道ばた、荒地や草地などに自生する越年草。大型のロゼット葉で冬を越し、開花期には枯れます。この辺りでは群生は少なく、上段画像のように多くは個体で生育しています。
茎は高さ30〜100(-200)cm。全株に触ると痛い赤褐色の毛が生えています。2段目画像のような帯化茎の個体を見ることがります。
2段目画像のように頭花は黄色で、舌状花(ゼツジョウカ)のみです。径2〜2.5cm、総苞(ソウホウ)は画像のように線状披針形で、硬い毛が生えています。 花は朝開き夕方閉じます。
下段画像左は頭花、中央が30個内外のそう果が詰まっている頭花の縦断面、右が冠毛のついたそう果です。そう果は画像のように赤褐色の紡錘形で、表面にしわがあり、長さ約4mmです。
back next list home flora