カタバミ 陽地の春〜秋の開花植物

 

公園の芝生 05年10月15日 
 
舗装路のアカカタバミ 14年11月18日
 
花;5個の花弁・5個の柱頭
09年4月22日
 科 属 名
カタバミ科カタバミ属
 英    名
creeping woodsorrel
 学    名
Oxalis corniculata L.
日本と世界の分布
北海道〜琉球、全世界の熱帯〜温帯
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
市街地、道ばた、芝生、空地、土手、田の畦、畑の周り、樹園地など
   開  花  期
4〜11月
 類 似 種
イモカタバミオッタチカタバミムラサキカタバミ
 メ      モ
道ばたや芝生など、いたる所に単独または数株集まって生える身近な人里植物の一つです。ゴルフ場のグリーンの大害草。地下に垂直に伸びる太い根がある多年草 です。草高5〜15cm、茎はよく枝分かれし地表をはい、先が立ち上がります。葉は3枚の小葉からなり、夜は閉じます。 上段の画像は草高10cm、花の直径12〜15mmです。果実は密毛に被われ、熟すとパチンと音をたてて種子を飛ばします。
俳句歳時記では夏の季語、「かたばみのさやはじけ飛ぶ砌(ミギリ)かな(村上鬼城)」の句がありまが、花は春から晩秋まで咲き続けます。似た仲間のオッタチカタバミは帰化植物で、茎が直立し30cm以上伸びます。
09年5月5日に下段の花の拡大画像を追加しました。5数性で、5個の花弁と柱頭は分かります。雄ずいは外側の5個は分かりますが、内側は左下の1個が写っていません。
2段目の画像は舗装路の割れ目のアカカタバミです。これはカタバミの品種で、舗装路の他、芝生などに生えています。
back next list home flora