ミヤコグサ 陽地の春〜秋の開花植物

 

草地の群生 14年5月24日 
 
 公園の土 手の株 05年5月9日
 
花序 同上
ニシキミヤコグサ 05年5月25日 
 
セイヨウミヤコグサ花序 花序の花数が多い 04年6月7日 (札幌) 
 

果実 13年6月7日
 
 科 属 名
マメ科ミヤコグサ属
   英     名
birdsfoot trefoil
 学    名
Lotus corniculatus L.var.japonicus Regel
日本と世界の分布
北海道〜琉球、 朝鮮・台湾・中国・ヒマラヤ
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
土手、草原など
   開  花  期
4〜10月
 身近な類似種
セイヨウミヤコグサ
 メ      モ
多年草。1段目画像のように 芝生に群生することもありますが、群生は多くありません。2段目画像のように茎は株の基部から四方に地表をはい、上部が斜上し 長さ40cm内外に達します。この辺りの発生は限られており、「牛久市版レッドデータブック植物編」で「絶滅危惧II類」に位置づけられています。
ミヤコグサとセイヨウミヤコグサの違いは次ぎのようにいわれています。ミヤコグサは3段目左画像のように1花序につく花が1〜3個で、がくが無毛または有毛、 がく裂片はがく筒部より長いか同長で、茎葉は無毛。
これに対しセイヨウミヤコグサ1花序2〜7花で、 がく裂片は筒部より短いか同長、がくや茎葉が有毛です(4段目画像)。この辺りのものは1花序の花数は1〜3個でミヤコグサの特性を示す一方、がくや葉柄・葉裏の脈に軟毛が散生しセイヨウミヤコグサに似ています。ここでは前者の点に着目してミヤコグサとしました。
4段目画像は札幌ドーム周辺で栽培されているセイヨウミヤコグサで、花序は7花ついており、がくは有毛で裂片は筒部より短く、セイヨウミヤコグサの 特徴が見られます。3段目左画像はこの辺りに自生するミヤコグサの花序で、総苞は除いてあります。2花ついており、がくは有毛で、裂片は筒部とほぼ同長かやや長めです。
back next list home flora