アカツメクサ 陽地の春〜秋の開花植物

 

草地の群生 15年5月23日
 
公園の芝地 04年5月13日

花序 05年5月9日 

花序 14年11月27日 

 

葉に結露する寒気の中で咲き続ける花 15年12月9日
 
 科 属 名
マメ科シャジクソウ属
 別     名
ムラサキツメクサ
   英    名
red clover
 学    名
Trifolium pratense L.
日本と世界の分布
北海道〜琉球、ヨーロッパ他
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
道ばた、空地、土手、草原、樹園地など
 開 花 期
5〜11月
 身近な類似種
クスダマツメクサ・コメツブツメクサシロツメクサ
 メ      モ
ヨーロッパ原産の帰化植物です。牧草として導入し栽培されていたものが逸出、野生化したものです。 現在も重要なマメ科牧草の一つであり、品種改良が進められています。この辺りでは、数年前から公園の草地や荒地などで見かけるようになりました。
茎は高さ30〜60cmで、開出した褐色の軟毛があります。小葉は3枚で、普通は画像のように表面に淡緑色の斑紋があります。
花序は画像のように総状で、短い花柄があり、30〜70花が密について頭状花序のように見えます。花は淡紅色、長さ13〜15mmで、春〜初冬にかけて咲き続けます( 下段画像)。
名前は花色により、シロツメクサの対比でつけられたものです。
back next list home flora