オオオナモミ 陽地の真夏〜秋の開花植物

 

空地の群生 15年10月8日
 
住宅地の空地の株 99年10月13日
 
花序の上部 同上
 

雄花序 左上 及び

雌花序雄花序の下

 同上

 
 科 属 名
キク科オナモミ属
 学    名
Xanthium occidentale Bertol. 
日本と世界の分布
北アメリカ原産の帰化植物で各地に野生。
 生 育 型
1年草
 生 育 場 所
道ばた・空地・土手・放棄畑など
   開  花  期
8〜10月
 身近な類似種
イガオナモミ・オナモミ
 メ      モ
メキシコ原産の1年生帰化植物。この辺りでは市街地(上段画像)や道ばたの空地、荒地・耕作放棄地などに群生しています。
は短毛があり、高さ50〜200cm、紫褐色を帯び、稜があります。は上段画像のように広卵形で、長さ5〜15cm、幅4.5〜15cm、ふつう3個、ときに5個に中裂、基部は心形、縁は不規則な重鋸歯状で裂片の先は尖り、表面には細かい毛があり、裏面には突起状の短毛があります。
開花は秋、雌雄同株です。雄頭花(下段画像)は葉腋から出る円錐花序につき、雌花序(下段画像)は雄花序の下につきます。雄花は黄白色、雌花は淡緑色です。
果実のいが(2〜4段目画像)は長さ15〜25mm、果実の頂端に長さ約5mmの2個の角があり、先が曲がった長さ3〜6mmの刺が密生しています。果実の表面にも細かい毛がまばらに生えています。秋から冬にかけて褐色に熟し、内部が2室で、各室に1個の種子が入っています。
 「外来生物法」の「要注意生物」指定種。

 

back

next

list

home

flora