ア カ ネ 陽地の 真夏 〜秋の開花植物

 

 林縁のやぶの群生 04年9月11日
 
花序の一部と花 同上

 

 科 属 名
アカネ科アカネ属
 学    名
Rubia argyi (Lev.) Hara
日本と世界の分布
本州〜九州、台湾・朝鮮・中国
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
土手・藪・草原・林縁など
   開  花  期
8〜10月
 メ      モ
草原、林縁などに生えるつる性多年草で、この辺りでは耕作放棄地、やぶ、林の周りなどに普通に見られる ます。
は太くひげ状。はよく枝分かれし、長さ2m内外に伸び、 1段目画像のように他物に絡まったり、かぶさったりします。茎は4角形で、触ると痛い下向きのがあります。葉は長い柄があり、4枚ずつ輪生 します。
は2段目画像のように淡黄色で、花弁は5枚に裂け、径3〜4mm。このような小さな花が葉腋や茎の先に円錐形にたくさん集って咲きます。
果実は液果で黒色に熟します。根は黄橙色で、乾くと赤色になり、昔は茜染めの染料に使われました。乾かした根の赤色が和名の由来です。
back next list home flora