キクイモ 陽地の真夏〜秋の開花植物

 

土手の群生 15年9月22日
 
放棄田の群生 98年8月20日  
 
塊茎 同上
 
道ばたの群生 13年9月20日
 
14年9月18日
 
頭花 舌状花10個 13年9月20日
 
総苞片 14年10月8日
     
  科 属 名
キク科ヒマワリ属
 学    名
Helianthus tuberosus L.
  英   名 Jerusalem artichoke, Earth apple
日本と世界の分布
北アメリカ原産の帰化植物で関東地方に野生。
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
市街地・空地・土手・川堤など
   開  花  期
7〜9月
 メ      モ
北アメリカ原産の多年生帰化植物。この辺りでは1〜3段目画像のように土手や荒地などに群生しています。 当初、「茎がほとんど無毛、葉身の幅が狭く灰緑色、葉裏の毛が少ない、舌状花は8〜15個で先端は裂けない、塊茎はやや小さく凹凸が低く紡錘形」であるものをイヌキクイモとしてきましたが、これらの形質はキクイモと連続しており、イヌキクイモに含められる 、との考え方に従うことにしました(『平凡社:日本の帰化植物 204頁』)。
地下に3段目画像のような節のある紡錘形の塊茎(いも)があります。は高さ1〜3m、開出または下向きの剛毛があり、ざらつきます。
(5段目画像)は深緑色、卵状披針形、先は鋭く尖り、基部はくさび形でしだいに狭まって葉柄に移行します。基部から1対の側脈が発達して3行脈をなし、表面には短くかたい突起状毛があってざらつき、裏面にも毛が密生し、無柄の腺点があります。
頭花(6段目画像)は径5〜10cm。総苞片(下段画像)は被針形、長さ1.5cmで平開または反曲し全面に細毛や腺点があり、縁にやや長い斜上する毛があります。舌状花(4・6段目画像)は黄色で、10〜20個、長さ3〜5cm、先端は3裂し、基部に2個の刺状の冠毛があります。筒状花は基部が膨れ、外側に毛があります。
 「外来生物法」の「要注意生物」指定種。

 

back next list home flora