タカアザミ 里山の真夏〜秋の開花植物

 

雑木林の溝 地の個体 99年9月26日 
頭花 05年9月22日
 
科 属 名
キク科アザミ属
学    名
Cirsium pendulum Fischer
日本と世界の分布
北海道〜長野県、朝鮮・中国(東北)・ウスリー・ダフリア
生 育 型
越年草
生 育 場 所
林の周り・土手など  
開  花  期
8〜11月
身近な類似種
トネアザミノアザミノハラアザミ
メ      モ
堤防や草原のやや湿ったところに生える越年草。この辺りでは生育場所、個体数とも限られています。画像の個体は「牛久自然観察の森で写したものですが、今は見られなくなりました。
茎は直立し、高さ1〜2m。根生葉は開花時には枯死します。1段目画像のように茎葉は長楕円形〜広卵形で羽状に深く裂け、長さ10〜40cm。
頭花は画像のように長い花柄の先にぶら下って咲き、径2.5〜3.5cm、総苞外片は短く反り返ります。花冠は紅紫色、長さ1.7〜2.2cm。
牛久市版レッドデータブック植物編」では「絶滅危惧II類」に位置づけられています。

back

next

list

home

flora