ツルニンジン 里山の真夏〜秋の開花植物

 

蔓でぶら下る花 15年9月27日
 
雑木林の林床 の個体 05年9月22日 
 
側枝の葉 07年7月31日 
 
地下部の塊根 同上
 
上向きにして撮影 15年9月26日 
 
 科 属 名
キキョウ科ツルニンジン属
  別    名
ジイソブ
 学    名
Codonopsis lanceolata (Sieb. et Zucc.) Trautv.
日本と世界の分布
北海道〜九州、朝鮮・中国・ウスリーアムール
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林・林縁など  
   開  花  期
8〜10月
 身近な類似種
バアソブ
 メ      モ
林床や林縁に生えるつる性草本植物。 この辺りでは生育箇所・個体数とも限られております。
4段目左画像のように地中に卵状紡錘形の塊根があります。茎は2〜3m伸び、切ると白汁が出ます。葉は互生 ですが、3段目画像のように側枝の先には3〜4個集まります。葉身は長楕円形または長卵形、先は尖り基部はくさび形で長さ3〜10cm、裏面は粉白色を帯びます。
花は1〜2段目画像のように側枝の先から垂れ、うつむいて咲きます。下段画像のように花の内面に紫褐色の斑点があり、がくの先は杯形に5裂し、がく裂片は先が尖ります。
ツルニンジンの名は、根がチョウセンニンジンに似て太く、茎がつるになることに由来します。「牛久市版レッドデータブック植物編」では「準絶滅危惧」に位置づけられています。

back

next

list

home

flora