ノ ア ズ キ 里山の真夏〜秋の開花植物

 

林縁の道ばた 04年9月7日 
 
3出複葉と花 04年8月31日
 
葉と果実(豆果) 03年9月24日
 
 科 属 名
キク科シオン属
 別    名
ヒメクズ
 学    名
Dunbaria villosa (Thunb.) Makino
日本と世界の分布
宮城県〜奄美大島・小笠原、朝鮮・中国
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林・林縁・草原など  
   開  花  期
8〜9月
 身近な類似種
トキリマメノササゲホドイモヤブツルアズキ
 メ      モ
林縁や草原に生えるつる性多年草。茎には軟毛があり、他物に巻きつきます。葉は画像のように3小葉で、小葉は卵状菱形で長さ幅とも1〜3cm、頂葉が最大です。葉の裏面に褐色の腺点があります。
花は黄色、長さ1.5〜1.8cm。中段画像のように旗弁はほぼ円く、左右不同で非相称、竜骨弁の先は反転しています。がくは長さ8〜10mmで腺点と軟毛があります。豆果は下段画像のように扁平な広線形で長さ4.5〜5.5cm、短毛が密生し、(3〜)5〜8個の種子が入っています。
和名は漢字が野小豆・姫葛で、葉の形に由来します。この辺りでは限られた場所の林縁や鉄道敷きなどに見られるだけの希な植物です。「牛久市版レッドデータブック植物編」では「絶滅危惧II類」に位置づけられています。

 

茨城県レッドデータブック<植物編>平成25年3月改訂                     

 

     「準絶滅危惧」

 

 

back

next

list

home

flora