ミヤマウズラ 里山の真夏〜秋の開花植物

 

スギ 林の株 05年9月17日
 
花序の一部 と花 同上
 
 科 属 名
ラン科シュスラン属
 学    名
Goodyera schlechtedaliana Reichb. fil.
日本と世界の分布
北海道中部〜九州・奄美大島、朝鮮・中国
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
スギ林など
   開  花  期
8〜9月
 身近な類似種
アケボノシュスラン・シュスラン
 メ      モ
林地に生える多年草。高さ12〜25cmで、下部は横にはいます。葉は上段画像のように茎の下部に数個集まり、狭卵形、表面に白色の網斑があり、長さは2〜5cm。
花序は画像のように片側に偏り(偏側生)、7〜12個の花がつき、全体にがあります。は白色で、わずかに紅色をおびます。苞は下 段画像ではやや不鮮明ですが、直立して子房に接し、披針形をしています。 画像の花は十分開いていませんが、花弁は広披針形で中がく片に圧着し、唇弁はがく片と同じ長さです。
名前は深山鶉(ミヤマウズラ)で、葉の網班を鶉の羽の模様や毛の多い蕾を鶉の姿に由来するといわれています。
この辺りでは、スギ林などにわずかに生育する希少種で、「牛久市版レッドデータブック植物編」では「絶滅危惧U類」に位置づけられています。

back

next

list

home

flora