ウスゲチョウジタデ 水辺の真夏〜秋の開花植物

 

休耕田 での生育:約1割がチョウジタデ 08年9月13日
 
花序と葉 03年9月6日
同左
 

5個のがく片と花床の毛 10年9月12日
 
がく片他を除いた花 床の白毛 左側目盛05mm
08年9月13日

蕾 

右側目盛05mm

同左         

 科 属 名
アカバナ科チョウジタデ属
 学    名
 Ludwigia greatrexii Hara
日本と世界の分布
関東〜琉球
 生 育 型
1年草
 生 育 場 所
 湿地・水田・田んぼの畦など
   開  花  期
8〜10月
 身近な類似種
チョウジタデヒレタゴボウ・ミズキンバイ
 メ      モ
この当たりではチョウジタデよりウスゲショウジタデの方が多いようで、田んぼ、畦、休耕田など湿った所にまんべんなく生えています。近年はまた、帰化植物のヒレタゴボウが局所的に増加しています。
ウスゲチョウジタデは若い葉・枝・花床に細毛があり、がくは長さ3〜4mm、2段目右画像のよう雄ずいが5個 、がく片も3段目画像のように5個です。
下段左画像は、同右画像のがく片・花弁・雄ずいを除いて写した花床の白毛(下側が子房で上側が雌ずいの花柱)が密生しています。これに対して、チョウジタデはほとんど無毛で、がくの長さが2〜3mm、花床も無毛です。

茨城県レッドデータブック<植物編>平成25年3月改訂                     

 

     「準絶滅危惧」

 

 

back

next

list

home

flora