ウシクサ 水辺の真夏〜秋の開花植物

 

草原の排水不良箇所株

01年9月28日 

 
土手の群生 05年9月12日 
 
 科 属 名
イネ科ウシクサ属
 学    名
Andropogon brevifolius Sv.
日本と世界の分布
本州〜琉球、世界各地
 生 育 型
1年草
 生 育 場 所
 湿地・草原の排水不良地など
   開  花  期
8〜10月
 身近な類似種
メリケンカルカヤ
 メ      モ
湿った所に生える弱々しいイネ科1年草。 この辺りでは、水はけの悪い草地の限られた場所で見かけますが、少ない植物です。
茎(稈)は株立ちし、枝分かれし高さ15〜40cm(画像の株は33cm)。は線状長だ円形、長さ2〜4cm、幅3〜6mm、下は鞘となり茎を包みます。
葉腋から長さ1〜3cmの穂を出し、多くの小穂をつけます。小穂は各節に無柄と有柄の2個の小花をつけ、長さ約2cm、幅約0.5cm。護頴に長さ1cm弱の屈曲するがあります。
1954年刊の改訂版「牧野日本植物図鑑」によれば、和名について「牛草ノ意ナランモ何故ニ之レヲ牛と名クルカ不明ナリ。」とあります。
牛久市版レッドデータブック植物編」では「絶滅危惧II類」に位置づけられています。

back

next

list

home

flora