キカシグサ 水辺の真夏〜秋の開花植物

 

休耕田の群生 04年9月9日 
 
花序の一部と花 同上 
 
 科 属 名
ミソハギ科キカシグサ属
 学    名
Rotala indica (Willd.) Koehne var. uliginosa (Miq.) Makino
日本と世界の分布
北海道〜琉球、台湾・朝鮮・中国(東北)・アムール
 生 育 型
1年草
 生 育 場 所
湿地・水田など
   開  花  期
8〜10月
身近な類似種
ミズマツバ
 メ      モ
湿地に生える小型の軟らかい1年草。茎の下部は地をはい、節からひげ根を出し、上部は直立し高さ10〜15cmになり、紅紫色を帯びることがあります。
画像のように葉は対生、先が円く、縁に透明部があります。花は下段画像のように淡紅色で葉腋に1花咲きます。 同画像で葉腋の紅色の部分はがく4枚の淡紅色の部分が花弁です。雄ずいは4個。花の下に細長い苞葉が2枚あります。
以前は、この辺りでは田んぼで普通に見られましたが、現在はなかなか見られなくなっています。

back

next

list

home

flora