カンガレイ 水辺の真夏〜秋の開花植物

 

休耕田 の群生 00年8月22日
 

花序と苞 同左
 
花序と小穂 09年7月9日
 
  3稜形の果実(そう果)
   5個の刺針状花被片
      3分岐の柱頭
     背景の目盛:0.5mm 

09年7月9日

 
 科 属 名
カヤツリグ科ホタルイ属
 英    名
hardstem bulrush
 学    名
Scirpus triangulatus Roxb.
日本と世界の分布
北海道〜琉球、朝鮮・中国・インドネシア・インド
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
湿地・休耕田など
   開   花   期
8〜10月
 身近な類似種
アブラガヤ・イヌホタルイウキヤガラ・サンカクイ ・フトイマツカサススキ   
 メ      モ
沼沢地や湿地に生える多年草。この辺りでは休耕田や田んぼの用水路の周りなどに点々と自生していますが、生育場所が年々減っています。
は株立ちし大株になり、高さ50〜130cm。茎(稈)は三角形。葉は退化し鞘状になり長さ約25cmで、茎の基部を包みます。
花序は画像のように茎の先に4〜20個の小穂が集ってできます。このような側生状の花序のつき方を仮側生といいます。1・2段目画像で、花序の上側の茎のような部位はと称し、茎とつながっています。
小穂は2・3段目画像のように無柄で、長さ約1〜2cm。下段画像のように柱頭は3個果実(そう果 )は長さ2〜2.5mm(画像は2mm)、そう果の周りの刺針状花被片は5〜6本下向きの刺があります。 画像のそう果は成熟前のため黄白色ですが、熟すと暗褐色になります。
 類似種のサンカクイはふつう小穂に短い柄があり、柱頭2個、刺針状花被片3〜5本です。「牛久市版レッドデータブック植物編」で 、 「準絶滅危惧」に位置づけられています。

back

next

list

home

flora