ホシクサ 水辺の真夏〜秋の開花植物

 

 田んぼ の群生 04年8月24日
 

 

頭花 同上
 
 科 属 名
ホシクサ科ホシクサ属
 学    名
Eriocaulon cinereum R.Br.
日本と世界の分布
本州〜琉球、朝鮮・中国・台湾・フィリピン・インドシナ・インド・オーストラリア・アフリカ
   生 育 型
1年草
 生 育 場 所
湿地・水田など
   開  花  期
8〜9月
 身近な類似種
イヌノヒゲ・クロホシクサ・ニッポンイヌノヒゲ・ヒロハイヌノヒゲ
 メ      モ
湿地や田んぼに生える軟らかい小型の1年草。 この辺りでは近年、田んぼのなかではほとんど見かけません。田んぼの周りのわずかな湿地や休耕後まもない田んぼに点々と自生が見られます。年毎に生育場所がなくなっていく恐れがあります。
は上段画像のように束生し、細長く長さ2〜8cm、幅1〜2mm。花茎は数本直立し高さ5〜15(20)cm。頭状花序(頭花)は径3〜4mm。
下段画像は頭花を真上から写したものです。卵球形で、淡灰褐色〜灰白色、雌花と雄花が混在し、雌花が多数を占め雄花は少数です 。この画像は焦点がボケておりますが上面に雄花があり、糸状の白いのが花糸、その先の丸く白いのが葯、雄ずいは6個です。
和名の星草は、その頭花が点々と星のように散らばることによります。「牛久市版レッドデータブック植物編」で は「絶滅危惧IB類」に位置づけられています。

 

茨城県レッドデータブック<植物編>平成25年3月改訂

                     

     「絶滅危惧TB類」

 

 

back

next

list

home

flora