ヒロハノイヌノヒゲ 水辺の秋の開花植物

 

休耕田の個体 06年10月4日 
 

花序 06年9月9日 
 

頭花 06年10月1日
 
 科 属 名
ホシクサ科ホシクサ属
 学    名
Eriocaulon robustius (Makino) Mkino
日本と世界の分布
北海道〜九州、朝鮮・中国
   生 育 型
1年草
 生 育 場 所
湿地・水田など
   開  花  期
9〜10月
 身近な類似種
イトイヌノヒゲ・イヌノヒゲ・クロホシクサ・クロヒロハイヌノヒゲ・ニッポンイヌノヒゲ・ホシクサ
 メ      モ
田んぼや湿ったところに生える1年草。 この辺りでは生育地が年々減少しており、年間を通して湿った場所だけに見られます。
葉は上段画像のようにロゼット状に多数あり、線形披針形で長さ9〜17cm、幅5〜1Ommですが、画像は葉先が刈取られています。
花茎は2段目左画像のように多数出て、高さ5〜20cmになり、少しねじれます。鞘は長さ4〜7cm。頭花は2段目右画像のように半球形で多数の花からなり、径7〜9mmです。

 

茨城県レッドデータブック<植物編>平成25年3月改訂                     

 

     「準絶滅危惧」

 

 

 

back

next

list

home

flora