シロイヌナズナ 陽地の春の開花植物

 

シロイヌナズナが生育する歩道の隙間とアキニレ植枡 16年4月29日
 
 
レンガ塀下のシロイヌナズナ 16年4月25日
 
花と果実 同上
 
同上 目盛は1mm 同上
 
種子 目盛:0.5mm 16年4月29日
 
 科 属 名
アブラナ科シロイヌナズナ属
 英    名
thale cress
 学    名
Arabidopsis thaliana (L.) Heynh.
日本と世界の分布
ユーラシア・北アフリカ原産の帰化植物
 生 育 型
越年草
 生 育 場 所
市街地の街路樹の植枡や植え込みなど
   開  花  期
4〜6月
 身近な類似種
イヌナズナ
 メ      モ
今年初めて、アキニレの街路樹の植枡(上段画像)とその周囲の歩道の隅に生えているのに気づきました。
は2段目画像のように基部で1〜3本分岐して立ち、10〜40cmになります。根生葉はロゼット状で短い柄があり、狭披形〜長楕円形で両面に毛が生えています。茎葉は2段目画像のように少数で柄が無く、狭披針形〜線形の全縁です。
は3〜4段目画像のように花弁が4枚で白色、狭倒披針形で長さ3mmほどです。果実は4段目画像のように長角果で長さ10〜15mm、幅1mm以下です。種子は果実内に1列に多数並び、下段画像のように楕円形で長さが0.5mm内外です。
back next list home flora