イヌノフグリ 陽地の春の開花植物

 

畑地土手の発生株 05年3月20日
 
茎上部の葉と花 10年4月10日
10年4月13日
 
果実 左:イヌノフグリ 右:オオイヌノフグリ 05年3月12日
 
 科 属 名
ゴマノハグサ科クワガタソウ属
 学    名
Veronica didyma Tenore var. lilacina (Hara) Yamazaki
日本と世界の分布
本州〜琉球、東アジア
   生 育 型
越年草
 生 育 場 所
道ばた、畑の縁、草地など
   開  花  期
3〜5月
 身近な類似種
オオイヌノフグリタチイヌノフグリフラサバソウ
 メ      モ
いたるところに生えている帰化植物のオオイヌノフグリタチイヌノフグリと同属の在来種です。全国的に発生が少なくなってきていますが、この辺りでも普通には見られなくなりました。
クワガタソウ属の中で、葉は小さく縁の鋸歯は2〜3対です。そして、はオオイヌノフグ リより小さく、2〜3段目画像のように色が淡紅色、花弁に紅紫色の筋があります。
果実は下段左画像のように平たい球形で中央がくびれ、両端が丸く、短毛で被われているいます。

 

茨城県レッドデータブック<植物編>平成25年3月改訂                     

 

     「絶滅危惧U類」

 

 

back next list home flora