フ  キ 陽地の春の開花植物

 

01年4月15日 荒地
07年3月18日 両性花
2000年3月18日 道ばた
 科 属 名
キク科フキ属
 英    明
Japanese butterbur
 学    名
Petasites japonicus (Sieb.et Zucc.) Maxim.
日本と世界の分布
岩手県〜琉球、朝鮮・中国
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
荒地・土手・林縁の空地など 
   開 花 期
3〜4月
 メ      モ
多年草の雌雄異株植物です。画像の左は、早春をつげる蕗の薹(フキのトウ)の雄株です。草高12cmに対し花全体の直径は6cm。右は雌株で茎が35cmあまりに伸びた状態です。 右下の画像は筒状の両性花で、捻実しません。
フキは年に1〜2回草刈が行われている土手や空地などに所々自生しています。フキは親しみ深い山菜ですが、主に葉柄利用を目的に栽培も行われています。栽培品種にはフキの他、岩手県以北に分布するフキの変種で大型のアキタブキが利用されています。俳句歳時記(角川書店編新版)では葉柄利用に結びつけた夏の季語として扱われ、フキを採ったり食べたりする句が幾つも載っています。その一句「蕗採りの入りたるらしく沢ゆけば(石昌子)」。

 

back next list home flora