ヤマネコノメソウ 里山の春の開花植物

 

湿った雑木林々床の群生 04年3月27日 
 
花序 同上
 果実内 の種子06年4月11日
 
 科 属 名
ユキノシタ科ネコノメソウ属
 学    名
Chrysosplenium japonicum (Maxim.) Makino
日本と世界の分布
北海道西南部〜九州、朝鮮・中国(東北)
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
林縁の道ばたや田んぼの畦など湿った場所
   開  花  期
3〜4月
 身近な類似種
タチネコノメソウ・ネコノメソウ・ムカゴネコノメソウ
 メ      モ
林縁の湿った所に生育していますが、この辺りだは生育地は限られています。
は上段画像のように互生です。画像のように6〜10個集まって集散花序を作り、緑色の苞が目立ちます。
果実は下段画像のように杯状で、長さ0.6mmほどの小さい種子がびっしり詰っています。
花茎の基部に径2〜4mmの毛で覆われた珠芽を作 ります。
back next list home flora