キンラン 里山の春の開花植物

 

雑木林 の個体 05年5月23日 
 

花序 同上 

13年5月6日
 
 科 属 名
ラン科キンラン属
 学    名
Cephalanthera falcata (Thumb.) Blume
日本と世界の分布
本州〜九州、朝鮮・中国 
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林
   開  花  期
4〜5月
 身近な類似種
ギンランササバギンラン
 メ      モ
この辺りでは、アズマネザサの繁茂していない管理されている雑木林の林床に点々と自生していますが、個体数は年々減っています。
茎には稜線があり、高さ30〜70cm。葉は5〜6枚互生し、広披針形で長さ8〜15cm、先は鋭くとがり、基部は茎を抱きます。
花序は、1・2段目画像のように茎の先に3〜12個の花をつけ、半開きの黄色い花を咲かせます。2段目右画像のようにがく片は卵状長楕円形、鈍頭、側花弁はがく片より短く卵形。唇弁は基部が筒状で距となり、先は3裂、側裂片は3角状卵形でずい柱を抱き、中裂片は円心形で内面に黄褐色の隆起線があります。
和名は金蘭(ラン)で、花の色に基づいています。

 

茨城県レッドデータブック<植物編>平成25年3月改訂                     

 

     「準絶滅危惧」

 

 

back next list

home

flora