ギンラン 里山の春の開花植物

 

雑木林  
99年4月29日
 

13年5月9日
 
 科 属 名
ラン科キンラン属
 学    名
Cephalanthera erecta (Thumb.) Blume
日本と世界の分布
本州〜九州、朝鮮・中国
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林
   開  花  期
4〜5月
 身近な類似種
キンランササバギンラン
 メ      モ
キンランと同じような環境下に生育していますが、個体数はキンランより少ないようです。

キンランに比べ小さく草高10〜30cm、画像の個体は高さ22cmです。下段画像のように半開きの白色の花を咲かせます。

がく片は披針形で先はやや尖り、側花弁は広披針形で鈍頭、がく片より少し短い。唇弁は基部が短い距となり、先は3裂し、側裂片は3角形、中裂片は楕円形で中央に5本ほどの隆起線があります。

和名は銀蘭(ラン)で、花の色に基づいています。

 

茨城県レッドデータブック<植物編>平成25年3月改訂                     

 

     「準絶滅危惧」

 

 

back next list home flora