ササバギンラン 里山の春の開花植物

 

雑木林 99年5月8日 
花序の一部を拡大 09年月4日
 
 科 属 名
ラン科キンラン属
 学    名
Cephalanthera longibracteata Blume
日本と世界の分布
北海道〜九州、朝鮮・中国(東北) 
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林
   開  花  期
5〜6月
 身近な類似種
キンランギンラン
 メ      モ
ギンランより大きく草高30〜50cm、葉は軟らかで大きく葉脈が目立ち 、最も下部の苞が花序より高く伸びるのが特徴です。花は半開きす。画像の株は草高35cm。
ギンランと同じように下草刈が行われている雑木林の林床に生育しており、個体数は年々減っています。和名は笹葉銀蘭で、葉がササの葉に似ていることに由来しています。
09年5月5日に下段の花序の一部の拡大画像を追加しました。3個の花のうち2個の全景が写っています。花序は有毛で、花柄の毛が分かります。花は全開せず半開きです。画像上側の花の上下のやや長いのが披針形のがく片で、やや短いのが側花弁です。唇弁は見えませんが、下側の花柄と写っている左に突き出した部分が唇弁の基部にある筒状の距です。
back next list home flora