シュンラン 里山の春の開花植物

 

雑木林 99年3月22日 
 
 花冠 09年3月18日
 
 科 属 名
ラン科シュンラン属
   別     名
ホクロ
 学    名
Cymbidium goeringii (Reichb.fil.) Reichb.fil.
日本と世界の分布
北海道(奥尻島)〜九州、中国 
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
雑木林
   開  花   期
3〜4月 
 メ      モ
ラン科の多年草です。この辺りでは、管理放棄雑木林にも自生があり、個体数も他のラン科植物より多いようです。ただ、シュンランは東洋趣味の粋として古くから愛好され、近年愛好家の裾野が広がり、山採りもかなり行われてきました。生育環境を含めて在るがままの姿で観賞したいものです。
株元から光沢のある20〜35cmの細長い常緑の葉が束生します。早春に根元から肉質の10〜25cmの花茎を出し、先に1個のを咲かせます。画像の株は花茎が1本ですが、大株では数本の花茎がでます。
上段画像の花は横径が3.5cm。花の花弁のようなものを花被片(カヒヘン)と呼びます。黄緑色の左右と直立の3個は外花被片と呼び、普通の花のがくに相当します。斜め左右と白黄色の中央の3個は内花被片と呼び、花弁に相当します。舌のような特殊な形の中央部分を唇弁と呼びます。
ラン科の植物は唇弁の色や形が様々に変化して、特徴ある花を作っています。シュンランの唇弁は白色に濃い紫色の斑点があります。別名のホクロは、この斑点がほくろに似ていることに由来しています。
back next list home flora