クマガイソウ 里山の春の開花植物

 

スギ林 99年5月3日
 
萌芽期の地下部 05年4月1日 
 

 09年4月22日

唇弁 下側の膨らんだ花弁 幅2cm

側花弁 両側に開いた中央の花弁 長さ10cm

上がく片 直立したがく片で先が鋭く尖る 長さ5cm

側がく弁 後側に伸びたがく片で先が2裂 長さ5.5cm

 
 科 属 名
ラン科アツモリソウ属
 学    名
Cypripedium japonicum Thunb.
日本と世界の分布
北海道西南部〜九州、中国 
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
杉林
   開  花  期
4〜5月
 メ      モ
葉と花が特徴的なラン科の植物です。葉脈が目立つ10〜20cmの扇形の葉を2枚対生し、その上に花柄が伸びて花が咲きます。クマガイソウはラン科の花を特徴つける唇弁が袋状に膨らみ、面白い形をしています。画像の株は花が最盛期を過ぎ 、唇弁の紅紫色の脈がややあせています。葉の幅は15cm。 中段の画像は萌芽期の地下部で、左右の株は中央に見える地下茎でつながっています。
花は下段画像の説明のように1枚の唇弁と両側に開いた2枚の側花弁、直立した1枚のがく片と後ろに突き出た1枚(先が2裂)の側がく片からなります。
これは唯一の自生地ですが、「牛久市版レッドデータブック植物編」では 、「野生絶滅」に位置づけられています。
和名は熊谷草で、 膨らんだ唇弁を源平の武将熊谷直実の背負った母衣(ホロ)に見立てたものです。

 

茨城県レッドデータブック<植物編>平成25年3月改訂                     

     

「絶滅危惧TA類」

 

back next list home flora