ヒメハギ 陽地の春〜初夏の開花植物

 

草地の 株 05年5月20日 
 

02年5月6日
 
 科 属 名
ヒメハギ科ヒメハギ属
 学    名
Polygala japonica Houtt.
日本と世界の分布
北海道〜琉球、朝鮮・中国・フィリピン・インドシナ・ヒマラヤ
   生 育 型
常緑多年草
 生 育 場 所
草原など
   開  花  期
4〜6月
 メ      モ
乾いた草原などに生育する多年草。この辺りではこのような生育環境が少なくなり、発生は限られています。
は硬く、基部で分枝し、地上をはい、高さ10〜30cm。は互生、卵形〜楕円形で長さ1〜3cm、ごく短い葉柄があります。
花序はまばらな総状花序で長さ1〜3cm。は紫色を帯び、がく片が5個。2個の側がく片は卵形〜楕円形で、花弁状になり長さ5〜7mm、はじめ紫色ですが花が終わった後に10cm内外になり、上段画像右下のように緑色に変わります。花弁は3個で、下側の花弁の先が下段画像のように房状になっています。

back

next

list

home

flora