サイハイラン 里山の春〜初夏の開花植物

 

 

スギ林々床の個体  05年6月9日
 
 花序 06年6月1日
 
 

05年6月9日 

 
 
 科 属 名
ラン科サイハイラン属
 学    名
Cremastra appendiculata (D.Don) Makino
日本と世界の分布
北海道〜九州、南千島・樺太南部・千島・朝鮮南部・台湾・中国
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
山地の林床など
   開  花  期
5〜6月
 メ      モ
全国の山地の林床に生えるラン科の多年草です。この辺りでは生育地が限られている希少植物で、牛久市版レッドデータブックでは、「絶滅危惧TA類」に位置づけられています。
株基部には卵形の偽球茎があり、ふつう1枚の葉を出します。は上 段画像のように狭長楕円形、革質で長さ15〜35cm、幅3〜5cm。
花茎は高さ30〜50cm、直立し、基部は鞘状葉で包まれ、10〜20花をやや密につけ、総状花序になります。苞は線状披針形で、長さ7mm。は淡緑褐色で紅紫色をおびます。がく片側花弁は下段画像のように線状披針形、長さ3〜3.5cm、幅は約5mm。唇弁は長さ3cm、基部は少しふくれ、全長の2/3の蕊柱を抱え、上部付近で3裂 、蕊柱の長さは2.5cm。側裂片は披針形、中裂片は長楕円形です。
根を粘滑薬として、ひび、あかぎれに用い、煎じたものは胸焼けや胃腸カタルに薬効があるそうです。名前は漢字の采配蘭で、花の姿を軍陣を指揮する采配に例えたものとされています。
back next list home flora