ヤマタツナミソウ 里山の春〜初夏の開花植物

 

杉林の林床 07年5月31日
花序と花 07年5月30日
 
 
Scutellaria pekinensis Maxim. var. transitra (Makino) Hara
日本と世界の分布
本州〜九州、朝鮮
 科 属 名
キク科タツナミソウ属
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
林や林縁土手などの木陰
   開   花   期
5〜6月
 身近な類似種
コバノタツナミ ヒメナミキ
 メ      モ
木陰に生える多年草です。県内では北部に普通に分布しますが、この辺りでは少なく希少種に属します。
は四角で、上向きの白毛があり、高さ10〜25cm。花序は画像のように一方向に偏って花をつけます。は基部で約40℃に斜上しますが、写真は雨後の撮影のため垂れています。花にはねばり気のある開出する腺毛があります。そして、下唇が上唇より長いのが特徴です(下段画像)。

back

next

list

home

flora