トウバナ 水辺の春〜初夏の開花植物

 

 田 んぼの畦の群生 98年5月6日
 

農道縁の個体 14年6月25日
 
  上部の葉と花序 05年9月17日
 
 科 属 名
シソ科トウバナ属
 学    名
Clinopodium gracile (Benth.) O.Kuntze
日本と世界の分布
本州〜琉球、朝鮮・中国 
 生 育 型
多年草
 生 育 場 所
田の畦、湿った空地など
   開  花  期
4〜10月
 身近な類似種
ヒメジソ
 メ      モ
田の畦(1段目画像)、空地、農道縁(2段目画像)などのやや湿った場所に生育する多年草です。この辺りでは広く自生しおり、群生を見ることもありますが、発生は多いとはいえません。
茎は切口が四角形で、基部がややはい、高さ10〜30cm。葉は対生し、卵形〜広卵形で長1〜3cm、幅0.8〜2cm、鈍頭で基部はやや円く、0.5〜1.5cmの葉柄があります。
花序は数段に輪生(1〜3段目画像)、花冠は唇形、淡紅紫色で長さ5〜6mm。がくは長さ3〜4mmで短毛があり、上唇は浅く3裂、下唇は深く2裂しています。
和名は漢字の塔花で、花穂の姿に由来します。
back next list home flora