ミコシガヤ 水辺の春〜初夏の開花植物

 

株になって斜めに伸びた ミコシガヤの茎 07年6月15日
ミコシガヤの花序(穂) 07年6月12日
左の苞葉と右の小穂 07年5月29日 単位:0.5mm 
左の果胞と右の鱗片 同左
 
 科 属 名
カヤツリグサ科スゲ属
 学    名
Carex neurocarpa Maxim.
日本と世界の分布
近畿以北の本州、東アジア北部
   生  育  型
多年草
 生 育 場 所
河川の縁や湿った草地など
   開  花  期
5〜6月
 メ      モ
河川の縁、草地などの湿った所に生える多年草。 全体にさび色の斑点があります。茎は上段の画像のように(叢生)になって一箇所から何本も伸び、高さ30〜60cm。葉は細く、幅2〜3mm。花序(穂)は中段画像のように淡赤褐色を帯び、円柱形で長さ3〜6cm、下段左画像のような小穂が多数ついています。
小穂は柄がなく長さ4〜8mm(下段左画像は6mm)。この画像でははっきりしませんが、小穂は頂部の少数の雄花下方の多数の雌花からなります。苞葉は中段画像のように花序の下方の小穂ほど長く横へ伸びています。下段左画像は10個以上の雌小花からなる小穂です。同右画像はその中の一小花、焦点がややぼけていますが左側が果胞、右側が鱗片です。果胞は卵形で鱗片より長く、中ほどから上に幅の広いがついているのが特徴です。
果胞の中に長さ約1mmで卵状楕円形の微小な果実(そう果)が入っています。そう果の柱頭は2分岐です。
back next list home flora