オニスゲ 水辺の春〜初夏の開花植物

 

溝地 の群生 05年6月10日 
 

小穂 15年5月13日
 

地下茎 05年6月10日 
 
 科 属 名
カヤツリグサ科スゲ属
 別    名
ミクリスゲ
 学    名
Carex dickinsii Franch. et Savat.
日本と世界の分布
北海道〜九州、 朝鮮
   生  育  型
多年草
 生 育 場 所
田の畦、溝地、湿った空地など
   開  花  期
5〜6月
 メ      モ
川岸、溝地、田んぼの畦などの湿った所に生育する多年草です。
下段画像のような地下茎があり、茎は高さ20〜50cmです。
花序は上段画像のように先端の小穂は雄性で細長く淡褐色、側小穂は雌性です。雌小穂は2段目画像のようにコンペイトーの形で、2〜3個接近してつき、雌鱗片は淡緑色で、果胞より著しく短いのが特徴です。柱頭は3個
back next list home flora