カミツレ 陽地の春〜夏の開花植物

 

歩道割目の自生 11年5月4日
 
道路隅の一株 11年5月3日
 
道ばたの株 16年4月5日
 
側面から見た頭花 11年4月16日 
上から見た頭花 同左
 
頭花と花茎を縦断面 11年4月18日 
 
 科 属 名
キク科カミツレ属
  別   名 カミルレ
 学   名
Matricaria recutita L. (M. chamomilla L.)
  英   名
German chamomile
日本と世界の分布
ヨーロッパ・アジア西部の原産。ハーブの栽培の逸出
   生 育 型
1〜2年草
 生 育 場 所
市街地の道ばた
   開  花  期
5〜7月
 身近な類似種
ローマンカモミール・ローマカミツレ
 メ      モ
ヨーロッパからアジア西部の原産で、最近ジャーマンカモミールやカミツレの名で栽培されているハーブが、逸出したものです。ヨーロッパの畑地では雑草になっているそうですが今後、帰化植物として定着するかどうかは分りません。
高さ20〜60cm。全草にリンゴに似た香りがあり、薬用茶に用いられます。頭花は3段目左画像のように筒状花が高くもり上がっていて、花床が下段画像のように空洞になっています。
back next list home flora