陽地の春〜夏の開花植物

 

(2017年5月24日更新)
撹乱地
イヌムギ
ウスベニチチコグサ
ウラジロチチコグサ
カキネガラシ
カナリークサヨシ
カミツレ
カラスビシャク
クサノオウ
タチイヌノフグリ
タチチチコグサ
ツメクサ
ヒメスイバ
ヒルザキツキミソウ
ヒレアザミ
マツバウンラン
マツヨイグサ
メキシコマンネングサ
ヤエムグラ
ヤクナガイヌムギ
草刈地
アオカモジグサ
アオスゲ
イチゴツナギ
オオアワガエリ
オオスズメノカタビラ
オオニワゼキショウ
オニウシノケグサ
カモガヤ
カモジグサ
キツネガヤ
キレハイヌガラシ
クサフジ
コナスビ
コヌカグサ
コヒルガオ
ジシバリ
シナガワハギ
スイバ
タマミゾイチゴツナギ
ナガハグサ
ナガミヒナゲシ
ナガミオランダフウロ
ニガナ
ニワゼキショウ
ネズミムギ
ノアザミ
ヒルガオ
ヒロハヒルガオ
ヘラオオバコ
ヘラバヒメジョオン
ホソムギ
シロバナマンテマnew
ミゾイチゴツナギ
マスクサ
ヤセウツボ

        

         

同下 15年5月23日
同下 同左
 
空地の草原 14年5月23日
斜面の草地 同左
 
上左の画像は年3回 ほど草刈り管理がなされている住宅地の間にある草地。ここではアオスゲオニウシノケグサオオスズメノカタビラナガハグサニガナニワゼキショウヌカボヘラオオバコなどが出穂・開花中でした。 左手前の黄色い花はニガナコウゾリナです。右の画像は舗装道路の隅の割れ目に咲いている帰化植物のナガミヒナゲシ、奥の紫色の花はマツバウンランで、ここにはチチコグサモドキヤエムグラなどが生えています。このような場所に上掲のサムネイルの植物が生育し、春から夏にかけて花を咲かせます。
サムネイルは陽地で(4〜5月)から(6〜8月)にかけて花が咲く人里植物を五十音順に並べたものです。サムネイル下の植物名をクリックするとページがでます。 生育場所を「撹乱地」と「草刈地」に分けてありますが、植物によってはどちらにも生えます し、絶対的な分け方ではありません。

back

home