カナリークサヨシ 陽地の春〜夏の開花植物

 

田んぼに面した土手 の株 03年6月30日 
 
小穂 同左
 
 科 属 名
イネ科クサヨシ属
  別    名
ヤリクサヨシ
 英     名
Canarygrass
 学    名
Phalaris canariensis L.
日本と世界の分布
カナリア諸島・北アフリカ・地中海沿岸原産の帰化植物
   生 育 型
1年草
 生 育 場 所
道ばた、田んぼの土手など
   開  花  期
4〜7月
 メ      モ
カナリア諸島・北アフリカ・地中海沿岸原産の帰化植物で、イネ科1草草。日本へは幕末に渡来し、カナリアの餌ドライフラワーに利用されてきました。この辺りの発生は少なく、 上段画像のように田んぼの土手などで希に見かける程度です。
は高さは40〜100cm。画像のように一見オオムギに似ています。円錐花序は 下段画像のように小穂が密に集り、球形〜円筒形で、長さ2〜6cmです。小穂は倒卵形、扁平で長さ6〜8mm、3小花からなります。苞頴は同形同大、脈に沿った部分のみ緑色、ほかは白色で、美しいコントラストを示します。
この特異な形の苞頴はドライフラワーに相応しく、果実が落果した後にも永く残ります。
back next list home flora