カキネガラシ 陽地の春〜夏の開花植物

 

道ばたの群生 15年5月8日
 

花序と果実 04年5月6日

茎の下方の葉 同上

果実 同上
 
 科 属 名
アブラナ科キバナハタザオ属
  英     名
hedge mustard
 学    名
Sisymbrium officinale (L.) Scop.
日本と世界の分布
北海道〜九州、ヨーロッパ原産の帰化植物
   生 育 型
1年草または越年草
 生 育 場 所
道ばた、空地、荒地など
   開  花  期
4〜7月
 身近な類似種
 イヌカキネガラシ・ハタザオガラシ
 メ      モ
ヨーロッパ原産の帰化植物。1902年牧野により青森県で初めて記録され、現在は全国に広がっています。この辺りで も最近、道ばたや草地などで見かけるようになりました(1〜2段目画像)。
1年草または越年草で、高さ40〜80cm、下向きの毛が生えています。根生葉と茎下方の葉は3段目画像のように羽状に深く裂け、長さ20cmに達します。
は黄色で小さく、径4mm内外です。花序の上部の若い果実は、花序の先端の花を超えて伸びることはなく、 画像のように花序の軸に圧着します。これがイヌカキネガラシやハタザオガラシとの主な違いです。
果実(長角果)は下段画像のように長さ1〜3mmの短い果柄につき、長さ1〜2cm、幅1〜1.5mmで、ふつう短毛が密生します。
back next list home flora