ヒルガオ 陽地の春〜夏の開花植物

 

生垣の株 15年5月29日
 
街路植込み の株 99年5月15日 
 
葉の耳が尖った葉形と花 08年6月17日 
 
花柄 04年6月14日
 
 科 属 名
ヒルガオ科ヒルガオ属
 英    名
common-bindweed, bell-binnd
 学    名
Calystegia  Calystegia japonica Choisy
日本と世界の分布
北海道〜本州、朝鮮・中国
 生 育 型
つる性多年草
 生 育 場 所
市街地、道ばた、空地、畑、樹園地など
 開 花 期
5〜8月
 身近な類似種
コヒルガオヒロハヒルガオ
 メ      モ
ヒルガオ類の代表的つる性多年草で、地下茎で繁殖します。花はきれいですが、植込みや生垣 (上段画像)に絡みついたり、耕地雑草となったりして、有害植物の性質があります。
は2段目画像のように鉾形で細長く、先 がやや円形で、耳も円みをおびます。しかし、3段目画像のようにコヒルガオの葉に似た耳の尖ったタイプが多く見られます。 
花冠は淡紅色、長さ5〜6cm。花柄は下段画像のように円柱形で すが、コヒルガオの花柄は縮れています。しかし実際は両者の中間的形にしばしば出会います。
万葉集にカホバナ(容花、豹花、可保婆奈、可保波奈)の名で詠まれている植物は現在のヒルガオであるとの説があり ます。その一つである大伴家持の歌、「高円(タカマド)の野辺の容花(カホバナ)おもかげに見えつつ妹は忘れかねつも(巻8の1630)」 。
back next list home flora