ヘラオオバコ 陽地の春〜夏の開花植物

 

道ばたの群生 16年5月1日
 
埋立地の株 00年5月14日 
花穂と雌しべ 07年6月5日 
 
 科 属 名
オオバコ科オオバコ属
   別     名
buckhorn plantain 
 学    名
Plantago lanceolata L.
日本と世界の分布
北海道〜琉球、ヨーロッパ他
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
道ばた、空地、草原、樹園地など
   開  花  期
4〜8月
 身近な類似種
オオバコ ツボミオオバコ
 メ      モ
ヨーロッパ原産の多年生の帰化植物です。この辺りでは、道ばた(上段画像)や草原に自生して おり、最近ふえています。
花茎が下段左画像のように葉より長く、20〜70cmになります。オオバコに比べ葉は細長く、円柱形の花穂が太いのが特徴です。
は花序の下から咲き始め、雌ずい先熟です。画像で花序が白く見える部位は、白色から淡黄色の目立つ雄ずいが花冠の外へ突き出しているところです。 下段右画像の糸状の部位が花糸、先の袋状の部位がです。

「外来生物法」の「要注意生物」指定種。

 

back next list home flora