ヤセウツボ 陽地の春〜夏の開花植物

 

アカツメクサ主体の草地の群生 14年5月23日
 

花序 同上
 

ヤセウツボ(右)とアカツメクサ(左)の地下部 04年6月3日

 

花序の一部と花14年5月23日

種子

04年5月31日
 
 科 属 名
ハマウツボ科ハマウツボ属
  英     名
clover broomrape, common broomrape
 学    名
Orobanche minor Sm.
日本と世界の分布
ヨーロッパ原産の帰化植物
   生 育 型
1年草
 生 育 場 所
草地など
   開  花  期
4〜6月
 身近な類似種
ハマウツボ
 メ      モ
ヨーロッパ原産の帰化植物 。葉緑素のない寄生植物です。アカツメクサやシロツメクサなどを含むシャジクソウ属の植物に主として寄生しますが、キク科やセリ科の植物にも寄生する有害植物です。全体に褐色をしています。この辺りでは道ばたや空地のマメ科植物のある草地に自生しています。
1・2段目画像はアカツメクサのなかのヤセウツボで、アカツメクサから養分を横取りし、生育している様子です。3段目画像のようにヤセウツボの地下部 (右側の基部が膨らんでいる部位)は左側のアカツメクサの根とつながっています
下段左画像は茎上部の穂状花序の一部で、は先が上下2唇に分かれた筒状の花冠が密集しています。同右画像は多数の微小種子が詰っている果実を割ったところです。

「外来生物法」の「要注意生物」指定種。

 

back next list home flora