ミゾイチゴツナギ 陽地の春〜夏の開花植物

 

林縁道ばたの群生 06年5月6日          
詳細画像

 

 科 属 名
イネ科ナガハグサ属
 別    名
ザラツキイチゴツナギ
 学    名
Poa sphondylodes Trin.
 分   布     
北海道〜九州、 朝鮮・中国・シベリア東部
   生 育 型
多年草 
 生 育 場 所
道ばた、草原、荒地など
   開  花  期
5〜7月
 身近な類似種
イチゴツナギスズメノカタビラタマミゾイチゴツナギナガハグサ
 メ      モ
木蔭に生える軟弱なイネ科の1年草。この辺りでは、人家周辺からやや離れた場所に普通に生育しており、人家周辺には本種の変種とされているタマミゾイチゴツナギが多いようです。
茎の高さ30〜80cm。稈は上の画像のようにわずかに束生し、地下茎はありません。(詳細画像@)。花序は円錐形で、枝が各節から普通2個出て先が垂れ気味になります。(詳細画像A)葉舌は低く、1.5〜3mm。(詳細画像Bは1.5mm)小穂は淡緑色、長さ3〜4mmで、3〜5小花(画像は4個)からなります。(詳細画像C左)。小花の護頴 は内頴よりやや長く、脈上に長軟毛が生えています。(詳細画像C左)。護頴の外側基部に綴毛(テツモウ)がありますが、この画像では良く分かりません。
back next list home flora