シナガワハギ 陽地の春〜夏の開花植物

 

住宅空地の株 05年5月1日
 

花序 同上
 
 科 属 名
マメ科シナガワハギ属
 別    名
エビラハギ
 学    名
Melilotus officinalis (L.) Pall. subsp. suaveolens (Ledeb.)
日本と世界の分布
北海道〜琉球、ユーラシア原産の帰化植物
   生 育 型
1年草または越年草
 生 育 場 所
道ばた・荒地・海岸の草地など 
   開  花  期
4〜6月
  身近な類似種
コシナガワハギ・シロバナシナガワハギ
 メ      モ
ユーラシア原産の帰化植物。既に1856年刊の「草木図説」にエビラハギの名で記録されているそうです。今では日本全土に広がっています。1年草または越年草で、新開地や海岸の草地などに生えます。この辺りでは最近の道路建設に伴い、中央分離帯や路肩に群落をつくって生えてきました。
は上段画像のように多く枝分かれし、高さ0.5〜2mに達します。 は羽状3小葉で小葉は卵形または楕円形、長さ1〜2cm、幅7〜10mm。
花序は4cm内外の花柄を含めて長さ2〜15cmで、開花後に伸びます。小花柄は長さ1〜2mmでは黄色です。白花品はシロバナシナガワハギ。
豆果はやや扁平な卵形からほぼ球形で、長さ3〜4mm、幅2mm内外、表面に網目状のしわがあり、1〜2個の種子が入っています。
back next list home flora