イワニガナ 陽地の春〜初夏の開花植物

 

林縁の土手の群生 11年5月26日
 
林道沿いの群生 11年5月22日
 
地表をはう茎と葉 11年5月26日
 
舌状花が集まった頭花 11年5月22日
 
そう果とその嘴(クチバシ)及び冠毛 同上
 
 科 属 名
キク科ニガナ属
 別    名
ジシバリ ヒメジシバリ
 学    名
Ixeris stolonifera A. Gray 
日本と世界の分布
北海道〜琉球
   生 育 型
多年草
 生 育 場 所
林縁の道ばた、空地、耕地など
 身近な類似種
オオジシバリ
   開  花  期
4〜7月
 メ      モ
この辺りでは以前、畑地の雑草として広く見られましたが、最近あまり見かけない希少植物になっています。上の画像は林縁や林道沿いに群生している状況です。
茎は高さ5〜10cmで、3段目の画像のように長く地面をはいます。葉は2・3段目の画像のように卵形で、長い柄があり、葉身は長さ9〜30mm、幅8〜25mm。花は4月〜7月。頭花は径2〜2.5cmで、4段目の画像のように舌状花だけからなります。
果実(そう果)は長さ4〜8mm、ボケ気味ですが最下段画像のように紡錘形で、縦に低い翼が10個あり上部は長い嘴状(クチバシジョウ)で、5mmほどの冠毛があります。
ジシバリの名は、茎が枝を出し地上をしばるようにはりつくことに由来するそうです。
back next list home flora