ナガミヒナゲシ 陽地の春〜夏の開花植物

 

住宅団地内空地の群生 17年4月30日
 
 
小麦畑の縁の群生16年5月8日 

 

 
歩道隅の群生 14年4月15日
;朱赤色花弁4枚・多数の雄ずいと円盤形柱頭
09年4月24日
果実
果実を割った飛散種子 08年5月22日
 
 科 属 名
ケシ科ケシ属
 学    名
Papaver dubium L.
 英    名
field poppy
日本と世界の分布
地中海沿岸地方原産、世界に帰化
   生 育 型
越年草
 生 育 場 所
市街地の空地・道ばた・荒地など 
   開  花  期
4〜6月
  身近な類似種
ヒナゲシ
 メ      モ
市街地の植込みや草原で最近、急に目立ってふえてきました。2段目画像は市街地の歩道隅の群生で、04年は数個体だったものが最近ではこのように群生してい ます。 今ではいたるとろに侵入し、1段目画像は小麦畑の縁の群生の様子ですで、のように市街地の空地にも進出しています。
茎は高さ10〜60cm。花は枝先に単生し、蕾の時期は下向きに垂れていますが、開花時には立ち、大きさは径5cm内外です。3段目画像のように朱赤色4枚の花弁と1枚の花弁基部の黒色の斑紋、多数の雄ずいと 中央の円盤状の柱頭が分かります。
花弁が落ちると、下段左画像のような長卵形の刮ハに生長します。そして円盤形の柱頭に4〜8本の放射条が目立ってきます。大きな個体ほど刮ハが大きく、放射条が多くなります。未熟時は緑色ですが、熟すると藁色になり、円盤の下にすき間が生じ、そこから膨大な種子を散布します。
back next list home flora